ABOUT厚岸町酪農ヘルパー利用組合について

厚岸町

TOWN厚岸町について

海産物、酪農業が盛んな
賑やかで元気な町

厚岸町は北海道の南東部に位置する町で、厚岸湾とその厚岸湾が深く入り込んで形成された厚岸湖を有しています。

海産物の資源が豊富で、一年を通して、サンマや牡蠣、サケなど様々な海産物がとれるんです!

さらにその美しい海岸線の反対側には釧路台地が広がっており、酪農業が盛んです。なので牛たちが自由に歩き回る牧歌的な景色をつくりあげています。

他にもさくらやあやめ等、季節ごとに美しい花が咲き厚岸町を彩ります。お祭りなどのイベントも盛んに行われており、賑やかで元気な町なんです!

厚岸町でも5月の「桜祭り」に始まり、7月は「港祭り」10月は「カキ祭り」と大きなイベントが多く、山と海の味覚が堪能できる事と思います。

厚岸町ホームページへ

岸辺
厚岸町

CONCEPT厚岸町酪農ヘルパー利用組合について

厚岸町の大切な役割を担う
酪農業を支える仕事

厚岸町酪農ヘルパー利用組合は、近隣の酪農家76戸とJA釧路太田で組織している組合です。
当組合で働いてもらっているヘルパーさんの、福利厚生面はJA釧路太田の職員に準じていますので、安心して働いてもらえる職場環境です。もちろん女性の方々にとっても働きやすい環境です。

酪農ヘルパーのお仕事は酪農家さんが休日を取る際に、酪農家さんに代わって搾乳や飼料給与、牛舎清掃などの作業を行う仕事です。
また、酪農家が病気や怪我により長期にわたる休みが必要となった場合もピンチヒッターとして支援を行います。
持続可能な酪農業を実現するための大切な役割を担っている、とても重要なヤリガイがあるお仕事です。

様々な経営スタイルの牧場をお手伝いするので、昔からの酪農のあり方も勉強できますし、最新の酪農のあり方も勉強できます。その勉強を積み重ねて、実際に新規就農を実現したヘルパーさんもいます。
地域に移住し、新規就農を目指す方を、当組合はもちろん、地域ぐるみで応援しています。

看板

MOVIE厚岸町酪農ヘルパー利用組合の動画

COMPANY組合概要

企業名
厚岸町酪農ヘルパー利用組合
設立
1991年
代表組合長
河村 公貴
事業内容
酪農ヘルパー業
組合加入戸数
76戸
登録ヘルパー
5名
事業所
北海道厚岸郡厚岸町太田5の通り19番地1
(釧路太田農業協同組合 畜産施設課内)
TEL
0153-52-7151
FAX
0153-52-6848

CHARACTERきわみるくん
(JA釧路太田キャラクター)

趣味
食べ歩き、牛乳料理を作ること、
Aコープでのショッピング
特技
利き牛乳
好きなもの
あっけし極みるく
極みるくソフトクリーム
苦手なこと
独りぼっちになること
みなさんに一言
毎日あっけし極みるくを1L飲んでいるので、健康と元気に自信があるミル!
「うみえもん」や「オーイ★スターくん」に負けないくらい有名になりたいミル!
きわみるくん